【HW】HUANAN X79を買ってみた 


 最近はRAIDカードの検証などであれこれしていたのですが、その際にPCI-E 3.0でリンクでき、かつ自由に再起動できる遊んでいる資材が、自分の環境にはもらったGA-X79-UD-5とHPのML350pGen8しかありませんでした。
 しかし、ML3530pはサーバにありがちな再起動に2分3分かかるのが苦痛なのと、物理的なアクセス(積んでいる場所)の制限によりカードの差し替えがつらいと言う問題があり、GA-X79-UD5に関しては10G+FCoEなCNAなカードや、ほぼ全てのRAIDカードなどのオプションROMを持った拡張カードを挿すとPOSTしなくなるという問題がありました。

 なので、そろそろたたき台の板を更新しても良いかなと色々見ていたところ、謎のHUANAN X79というMBがオークションでXeon 2660v1とRegECCなDDR3メモリ4GBx4がついて2万円だったので、怖い物見たさと知的好奇心で買ってしまいました。そのメモを色々雑に書いておきます。
 更新する先が2011v1と言うのも残念ですが、DDR3メモリやらなんやらが余っているのでDDR4に移行できないという…。

べつに宣伝をするわけではないので、気になった人は各々探してみてください。
余談ですが、最初HUMANと読みましたがHUANANなので検索するときは注意してください。

内容物


 SATAケーブル、IOシールド、マニュアル、ドライバCD、Xeon 2660v1とRegECCなDDR3メモリ4GBx4、そして何故か親切にもCPUのサーマルグリスがついてきました。使いませんでしたが。
 Xeon 2660v1はどうやら正規品らしいです。CPU-ZやSR0KKというSスペックを信じる限りは…。




 メモリは、サーバでよく見るSamsungのDDR3 RDIMMでした。壊れていたら文句を言おうかと思ったのですが、Memtest86を2周してしまったので諦めます。

 マニュアルはフロントパネル用ピンヘッダの配置と、OSへのドライバインストールなどをさらっと書いた程度の物(中国語)であり、Supermicroのような細かい接続ブロックダイアグラムは一切ありませんでした。

外見


 リア端子は必要最低限、基板は割と堅い構成に見えます。




 オンボードに謎のm-SATAコネクタがあるのですが、WifiなどのPCI-Eカードが刺さるのか、mSATAを使った場合オンボードのSATA3ポートのどちらかと排他になるのか、その後ろにあるジャンパピンは何なのか、どこにも何も書いてないので謎です。

起動できるCPUについて


 XeonのES品・QS品、V1/V2何でもいけました。



 確認した限りの最大構成では、興味本位で買った12コアの2696v2のES品と、メモリも16GBのDDR3-1333Rx4の64GBまで確認しました。

 X79で何故RDIMMがいけるのか謎で仕方がありませんが、CPU側にメモリコントローラを搭載しているからなのか、Welcome to ようこそ謎チャイニーズテクノロジーなのかはわかりません。
 実はUD-5もv1のXeonに関してはES/製品版が起動できるのですが、RDIMMは認識できません。 このX79でもi7の3900/4900系を載せたら多分RDIMMは動かない気がしますが、未確認です。

その他



 BIOSのリビジョンは4.6.5で、最終更新はこの記事を書いた時点で半年前の10月でした。




 X79にしては息が長い気がしますが、公式製品ページが見つからないためBIOSのアップデートがどこから手に入るのかは謎です。

 CPUのヒートシンクにはZalman FX70と言う物を利用しました。
 まあじゃんぱらでたまたま安いのが見つかったのでこれにしたのですが、中々に芸術点が高い作りをしています。芸術的な作りが故に、持ち上げるときに左手小指と右手親指の2回指を切っているので、扱うときは気をつけましょう。

 グラボはかれこれ長く使っている(500円で数枚買った)Matrox G550のPCI-E x1版を使って検証しました。どうせリモート(RDP/IP-KVM/SSH)で作業してしまうので起動画面さえ見えればいいと言う割り切りさえすれば、貴重なx8やx16レーンを使わずに普段余るx1にグラフィックを回せるので、この手のマザボ使用時の検証用途には安く手に入ればおすすめです。
 ただしWDMなグラフィックドライバが出ていないのでWin8以降はドライバがあたりません。Win8以降は標準ドライバでそれなりに動きますが、間違えてメイン機で使おうとすると大変なことに…。


まとめ


 謎なMBですが、オンボードデバイスが必要最低限になっているためか、カードとの相性もなく癖のない動きをしています。が、信頼できるかというと怪しいので、目の届く範囲外での使用は避けたい気もします。

 しかし、良いか悪いかは別として、ES品が動いてしまい、かつ余ってる/割と安価に買えるRDIMMも使えると言う魅力もあるので、一概にダメとも言えないのが悩ましいところです。

 なので、物好きな人が、知的好奇心を満たすために自己責任で試す分にはいいと思います。

以上です。



[ コメントを書く ] ( 61 回表示 )   |  このエントリーのURL  |  $star_image$star_image$star_image$star_image$star_image ( 2.7 / 15 )  |  

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 進む> 最後へ>>