バッテリが足りない? 



だったらそれを補うだけの量を持てばいいだけの話です
エネループ安定すぎる

バッテリ充おいしいです^q^

[ コメントを書く ] ( 845 回表示 )   |  このエントリーのURL  |  $star_image$star_image$star_image$star_image$star_image ( 3.1 / 889 )  |  
【Mobile】Geekから見たau IS02 



スマートホン欲しいなとW-ZERO3が出た頃から思っていたのですが、家族の関係でAU以外に転向できず涙をぬぐう日々が続いていましたが、ようやくAUがやる気を出した…というよりは時代の流れに渋々乗ったという感じでスマホを出したのでIYHしてみました。どう考えてもiPhone&Xperia人気に対応するべく渋々出したって感じですよね。

キャリア云々は全く興味ないので飛ばします。問題は果たして使える端末なのかどうかです。

ハードウェア


まず外見から。IS01でもよかったのですが電車の中で使う時間が多いので、あの大きさはちょっと無理があると思い02にしました。







確かに薄くていいのですが、ストラップを通す穴がないのが地味に痛いです。買ったあとに気がつきましたw
自分はよく携帯を落とすので、ベストとしては首からかけるかズボンにチェーンで引っかけるか、なければストラップを手首に通したかったのですが…。薄すぎてとっさに出したときに手から滑り落ちそうになる…というかもうすでに落としましたw

次に、画面がグレアタイプなので指紋がものすごく目立つ&手がしめっているとグリップして滑りが悪いと言う点です。iPadなんかはかなりスムーズにフリック出来るんですがね。解決策として指にティッシュや眼鏡拭き用不織布を巻くとうまくいきますw 不織布指サックなんてあるんですかね
マットタイプの保護フィルムもいいのですが、もうすでに生の画面に傷をつけてしまい、フィルムをはると気泡が出来てふぁっっっk


そして、この端末の鬼門はタッチパネルが静電式であることです。
わかりやすく言うと爪の先や爪楊枝では駄目で、指の腹などでないと反応しないのです。フリック時などはこれでいいのですが、問題はRDPやVNCで入ったときにリモートマシンのX(閉じる)ボタンを押すときです。




無理ゲーwwww
押せそうだと思う人もいるかもしれませんが、指の腹(しかも毎回認識点がずれる)でやるのはある程度慣れても困難です。
もし爪で反応するならもっと何とか出来ると思うんですけどね…。拡大すれば押せるには押せるのですがいちいち面倒です。

タッチペンも静電式のを2本試したのですが両方とも思ったように反応せずでした。Bluetoothのマウスを使えば問題ないですが、それって果たして…。

ただ、RewitやGooglemaps等を指でさくさく送るのは楽しいです。


そして電池持ちの悪さも鬼門です。これはスマホ全般に言えることなような気がしますが、ずっと弄っているとあっという間にバッテリが切れます。

画面輝度最低、BT&Wifi Off、CPUクロック最低にしてもOperaでブラウジングしていると大体3時間が限界です。
アプリを立ち上げずにサスペンド状態にしてバイト中放置し、それから大体8時間後に弄ったら最初のバッテリ残量表示は90%でしたが3-40分で切れました

これに関してはeneloopが大活躍です。バッテリ残量が90%あるときからeneloopを使用しておけば、供給電流に余裕があるときはeneloopから、ページの処理などで大きな電流が必要なときはバッテリから電気を使用するような動きをしていました。観察していると、ずっと重い作業をしているとeneloopの残量があってもバッテリが減り、サスペンド状態やアイドルに近い状態のときはeneloopから電源供給&充電してバッテリが回復していました。これってバッテリの動きがキャパシタ…。

電池のことを考えるならある程度減ったら充電に専念させるべきなのですが、バッテリーが1470円で追加できるので今ついているバッテリーには死んでもらいますw
この値段なら予備バッテリを持つのは楽だと思います。とりあえず3本取り寄せしました。まあZero3だとバッテリ1個5000円くらいするのでそれを考えたら安いです。

追加バッテリ3本+eneloop8本くらい持っておけば1日は持つと思いますw


ソフトウェア


ソフトウェア面に関して言えば、良くも悪くもWindowsです。



つまり、探せばある程度やりたいことが出来るソフトがあります。逆に素のままだと真価が発揮できないです。

まずやりたいこととしてポケットルーター化があり、BTとWifiをテザリングするWMwifirouterというソフトがあるのですが、どうも1-2系はノートPC側にDHCPがふってこない&固定IPにしても02から外にパケットが飛ばないというバグ?があり使えなかったのですが、探したところシェアになる前のWMWRがあったので試してみたところWifiであれば問題なくポケットルーター化することが出来ました。Android版もあるのでIS01でもよかったんですけどね。

あとはWindows標準のICSを使ってBluetoothからダイアルアップしても通信できました。大体1-2Mbpsはコンスタントに出ているので、AU回線が繋がる範囲でどこでもネット充出来るツールとして中々優秀だと思います。eneloop食わせて鞄の中に入れておけばThinkpadでどこでもネット充できる!
ちなみに、出て行けるポートの制限は今のところ無いです。

2,3日使ったあとAUのパケット使用量照会を見ましたが定額内で通信しているようでした。が、来月(8月)の請求が来るまで分からないです。ガクブル


この端末の唯一評価できるところは、標準でSPB BackUpというTrueimageのようなソフトのフルバンドル版がついてきている点です。



Windowsなので色々弄っていると設定が干渉してあぼんすることもあるのでこのツールは非常に助かります。弄った結果もう5回リストアしてます

あとはIcecast+GSPlayerでWAN越しに自分のネットラジオも聞けました。そこまでバッファリングにはならなかったですがやはり多少は途切れます。



どうでもいいですがIcecastが懐かしすぎて泣きそうになりました
あの頃はよかった…w

様々なフォーマットの動画も見れますが前述の通りバッテリの持ちがアレなので電車の中でネトラジ聞いたり動画を見たり、というのはやめた方がいいと思います。やるならeneloopを束で持ち歩くべきです。


まとめ


4日ほどいじくり回した結論としては、Googleとお友達な人にはかなり遊べるデバイスだと思いますw
逆に、auのくせに@ezweb~が使えないなど癖があるので、割り切って使える人以外にはおすすめしません。
あと、Androidは2.2でテザリングが標準装備になり、このあとWindowsphoneも7が出るので、正直IYHer以外は静観が正しいと思います
Windows phone7の発展性をとるか、Windows Mobileの過去の資産をとるかですね


まあHW的にもSW的にも信頼できるかと言ったら「?」なので保証には入りました。最悪落としたりしてタッチパネルが反応しなくなっても、AUにゴルァすればきっと新しくなって帰ってくるはず。

iTunes Storeのように整備されたアプリケーションを提供する環境はないですが、探せば何かしらあるので、"何がしたいのか、それをするにはどういった上位検索ワードで探せば見つけられるのか"が何となくでも分かってる人にはいいと思います。あと英語に拒絶反応を起こさないこと

まあ真のProHackerはプラットホームを選ばないのですがw



[ コメントを書く ] ( 1846 回表示 )   |  このエントリーのURL  |  $star_image$star_image$star_image$star_image$star_image ( 3.2 / 838 )  |  
IS02からテスト 
なんだかんだでOperamobileが快適に動く

[ 1 コメント ] ( 667 回表示 )   |  このエントリーのURL  |  $star_image$star_image$star_image$star_image$star_image ( 3 / 818 )  |  
【NetWork】FXG-24IMV 






がアキバで3000円だったので買ってみました。新品未使用品でした。

一応ファンがついてますが自分の部屋だと他の機器がうるさくてこいつそのものの音というのはファンの真横に耳を近づけて聞こえる程度。"この部屋では"無音です。

普通の賢くないギガスイッチなので適当なベンチ。
構成;いつものRADIUS oneだったpfSenseマシンでIperfを立ち上げいつものDFIマシンで繋ぎに行く。Windows7です。

まず直結

C:\Users\root>C:\Users\root\Desktop\jperf-2.0.2\bin\iperf.exe -c 172.16.1.1 -i 1

C:\Users\root\Desktop\jperf-2.0.2\bin\iperf.exe: ignoring extra argument -- KByt
e
------------------------------------------------------------
Client connecting to 172.16.1.1, TCP port 5001
TCP window size: 8.00 KByte (default)
------------------------------------------------------------
[148] local 172.16.1.3 port 52703 connected with 172.16.1.1 port 5001
[ ID] Interval Transfer Bandwidth
[148] 0.0- 1.0 sec 49.2 MBytes 413 Mbits/sec
[148] 1.0- 2.0 sec 48.9 MBytes 410 Mbits/sec
[148] 2.0- 3.0 sec 43.3 MBytes 363 Mbits/sec
[148] 3.0- 4.0 sec 42.3 MBytes 355 Mbits/sec
[148] 4.0- 5.0 sec 45.9 MBytes 385 Mbits/sec
[148] 5.0- 6.0 sec 42.3 MBytes 355 Mbits/sec
[148] 6.0- 7.0 sec 45.9 MBytes 385 Mbits/sec
[148] 7.0- 8.0 sec 41.7 MBytes 350 Mbits/sec
[148] 8.0- 9.0 sec 43.8 MBytes 368 Mbits/sec
[148] 9.0-10.0 sec 46.2 MBytes 387 Mbits/sec
[148] 0.0-10.0 sec 449 MBytes 376 Mbits/sec

C:\Users\root>C:\Users\root\Desktop\jperf-2.0.2\bin\iperf.exe -c 172.16.1.1 -i 1
-w 32K
------------------------------------------------------------
Client connecting to 172.16.1.1, TCP port 5001
TCP window size: 32.0 KByte
------------------------------------------------------------
[148] local 172.16.1.3 port 52725 connected with 172.16.1.1 port 5001
[ ID] Interval Transfer Bandwidth
[148] 0.0- 1.0 sec 100 MBytes 842 Mbits/sec
[148] 1.0- 2.0 sec 91.9 MBytes 771 Mbits/sec
[148] 2.0- 3.0 sec 91.9 MBytes 771 Mbits/sec
[148] 3.0- 4.0 sec 92.1 MBytes 773 Mbits/sec
[148] 4.0- 5.0 sec 92.0 MBytes 772 Mbits/sec
[148] 5.0- 6.0 sec 91.7 MBytes 769 Mbits/sec
[148] 6.0- 7.0 sec 92.1 MBytes 772 Mbits/sec
[148] 7.0- 8.0 sec 92.0 MBytes 772 Mbits/sec
[148] 8.0- 9.0 sec 91.9 MBytes 771 Mbits/sec
[148] 9.0-10.0 sec 93.4 MBytes 784 Mbits/sec
[148] 0.0-10.0 sec 929 MBytes 778 Mbits/sec

C:\Users\root>C:\Users\root\Desktop\jperf-2.0.2\bin\iperf.exe -c 172.16.1.1 -i 1
-w 56K
------------------------------------------------------------
Client connecting to 172.16.1.1, TCP port 5001
TCP window size: 56.0 KByte
------------------------------------------------------------
[148] local 172.16.1.3 port 52718 connected with 172.16.1.1 port 5001
[ ID] Interval Transfer Bandwidth
[148] 0.0- 1.0 sec 112 MBytes 938 Mbits/sec
[148] 1.0- 2.0 sec 112 MBytes 937 Mbits/sec
[148] 2.0- 3.0 sec 112 MBytes 941 Mbits/sec
[148] 3.0- 4.0 sec 112 MBytes 938 Mbits/sec
[148] 4.0- 5.0 sec 112 MBytes 942 Mbits/sec
[148] 5.0- 6.0 sec 112 MBytes 940 Mbits/sec
[148] 6.0- 7.0 sec 112 MBytes 940 Mbits/sec
[148] 7.0- 8.0 sec 112 MBytes 938 Mbits/sec
[148] 8.0- 9.0 sec 112 MBytes 941 Mbits/sec
[148] 9.0-10.0 sec 113 MBytes 950 Mbits/sec
[148] 0.0-10.0 sec 1.09 GBytes 939 Mbits/sec

C:\Users\root>C:\Users\root\Desktop\jperf-2.0.2\bin\iperf.exe -c 172.16.1.1 -i 1
-w 128K
------------------------------------------------------------
Client connecting to 172.16.1.1, TCP port 5001
TCP window size: 128 KByte
------------------------------------------------------------
[148] local 172.16.1.3 port 52723 connected with 172.16.1.1 port 5001
[ ID] Interval Transfer Bandwidth
[148] 0.0- 1.0 sec 114 MBytes 956 Mbits/sec
[148] 1.0- 2.0 sec 112 MBytes 942 Mbits/sec
[148] 2.0- 3.0 sec 112 MBytes 943 Mbits/sec
[148] 3.0- 4.0 sec 112 MBytes 943 Mbits/sec
[148] 4.0- 5.0 sec 113 MBytes 944 Mbits/sec
[148] 5.0- 6.0 sec 112 MBytes 943 Mbits/sec
[148] 6.0- 7.0 sec 112 MBytes 943 Mbits/sec
[148] 7.0- 8.0 sec 112 MBytes 943 Mbits/sec
[148] 8.0- 9.0 sec 112 MBytes 943 Mbits/sec
[148] 9.0-10.0 sec 114 MBytes 957 Mbits/sec
[148] 0.0-10.0 sec 1.10 GBytes 944 Mbits/sec








次にこのスイッチのポート1とポート2に繋ぐ。

C:\Users\root>C:\Users\root\Desktop\jperf-2.0.2\bin\iperf.exe -c 172.16.1.1 -i 1

------------------------------------------------------------
Client connecting to 172.16.1.1, TCP port 5001
TCP window size: 8.00 KByte (default)
------------------------------------------------------------
[148] local 172.16.1.3 port 52747 connected with 172.16.1.1 port 5001
[ ID] Interval Transfer Bandwidth
[148] 0.0- 1.0 sec 48.4 MBytes 406 Mbits/sec
[148] 1.0- 2.0 sec 49.2 MBytes 413 Mbits/sec
[148] 2.0- 3.0 sec 41.2 MBytes 346 Mbits/sec
[148] 3.0- 4.0 sec 46.0 MBytes 386 Mbits/sec
[148] 4.0- 5.0 sec 45.3 MBytes 380 Mbits/sec
[148] 5.0- 6.0 sec 42.2 MBytes 354 Mbits/sec
[148] 6.0- 7.0 sec 49.2 MBytes 413 Mbits/sec
[148] 7.0- 8.0 sec 40.5 MBytes 340 Mbits/sec
[148] 8.0- 9.0 sec 47.3 MBytes 397 Mbits/sec
[148] 9.0-10.0 sec 44.9 MBytes 376 Mbits/sec
[148] 0.0-10.0 sec 454 MBytes 380 Mbits/sec

C:\Users\root>C:\Users\root\Desktop\jperf-2.0.2\bin\iperf.exe -c 172.16.1.1 -i 1
-w 32K
------------------------------------------------------------
Client connecting to 172.16.1.1, TCP port 5001
TCP window size: 32.0 KByte
------------------------------------------------------------
[148] local 172.16.1.3 port 52749 connected with 172.16.1.1 port 5001
[ ID] Interval Transfer Bandwidth
[148] 0.0- 1.0 sec 99.0 MBytes 830 Mbits/sec
[148] 1.0- 2.0 sec 89.3 MBytes 749 Mbits/sec
[148] 2.0- 3.0 sec 89.5 MBytes 751 Mbits/sec
[148] 3.0- 4.0 sec 89.5 MBytes 751 Mbits/sec
[148] 4.0- 5.0 sec 89.4 MBytes 750 Mbits/sec
[148] 5.0- 6.0 sec 89.7 MBytes 752 Mbits/sec
[148] 6.0- 7.0 sec 89.1 MBytes 747 Mbits/sec
[148] 7.0- 8.0 sec 89.6 MBytes 751 Mbits/sec
[148] 8.0- 9.0 sec 89.5 MBytes 751 Mbits/sec
[148] 9.0-10.0 sec 90.7 MBytes 761 Mbits/sec
[148] 0.0-10.0 sec 905 MBytes 758 Mbits/sec

C:\Users\root>C:\Users\root\Desktop\jperf-2.0.2\bin\iperf.exe -c 172.16.1.1 -i 1
-w 56K
------------------------------------------------------------
Client connecting to 172.16.1.1, TCP port 5001
TCP window size: 56.0 KByte
------------------------------------------------------------
[148] local 172.16.1.3 port 52752 connected with 172.16.1.1 port 5001
[ ID] Interval Transfer Bandwidth
[148] 0.0- 1.0 sec 113 MBytes 944 Mbits/sec
[148] 1.0- 2.0 sec 112 MBytes 941 Mbits/sec
[148] 2.0- 3.0 sec 112 MBytes 943 Mbits/sec
[148] 3.0- 4.0 sec 112 MBytes 942 Mbits/sec
[148] 4.0- 5.0 sec 112 MBytes 943 Mbits/sec
[148] 5.0- 6.0 sec 112 MBytes 941 Mbits/sec
[148] 6.0- 7.0 sec 112 MBytes 943 Mbits/sec
[148] 7.0- 8.0 sec 112 MBytes 943 Mbits/sec
[148] 8.0- 9.0 sec 112 MBytes 940 Mbits/sec
[148] 9.0-10.0 sec 114 MBytes 958 Mbits/sec
[148] 0.0-10.0 sec 1.10 GBytes 942 Mbits/sec

C:\Users\root>C:\Users\root\Desktop\jperf-2.0.2\bin\iperf.exe -c 172.16.1.1 -i 1
-w 128K
------------------------------------------------------------
Client connecting to 172.16.1.1, TCP port 5001
TCP window size: 128 KByte
------------------------------------------------------------
[148] local 172.16.1.3 port 52755 connected with 172.16.1.1 port 5001
[ ID] Interval Transfer Bandwidth
[148] 0.0- 1.0 sec 113 MBytes 946 Mbits/sec
[148] 1.0- 2.0 sec 113 MBytes 945 Mbits/sec
[148] 2.0- 3.0 sec 113 MBytes 947 Mbits/sec
[148] 3.0- 4.0 sec 113 MBytes 944 Mbits/sec
[148] 4.0- 5.0 sec 113 MBytes 944 Mbits/sec
[148] 5.0- 6.0 sec 113 MBytes 944 Mbits/sec
[148] 6.0- 7.0 sec 113 MBytes 944 Mbits/sec
[148] 7.0- 8.0 sec 113 MBytes 944 Mbits/sec
[148] 8.0- 9.0 sec 113 MBytes 944 Mbits/sec
[148] 9.0-10.0 sec 114 MBytes 957 Mbits/sec
[148] 0.0-10.0 sec 1.10 GBytes 944 Mbits/sec

C:\Users\root>


悪くはないと思います。まあ家では使わないんですけどねこれ。というかそれならもっといいスイッチありますし。

[ コメントを書く ] ( 1072 回表示 )   |  このエントリーのURL  |  $star_image$star_image$star_image$star_image$star_image ( 3 / 835 )  |  
【NetWork】pfSense+Captive portal+FreeRADIUS メモ 
2.0の評価をかねて遊んでみました。手順としては2ステップ程度で、ぶっちゃけある程度の人なら経験と勘で何とかなると思いますが、pfSenseの繁栄を願ってこれから始める人への道しるべ的なものになればと思うので、自分へのメモもかねて書いておきます。


構成


今回試した構成はこうです。




pfSense 2.0-BETA2評価機@PenDC E2160 Mem2G(上のやつ)
pfSense 1.2.3@Cel E3300 Mem2G


もはやRADIUS oneの皮を着た別物ですw
RADIUS oneのソフトウェア中身はともかく、ガワと電源は中々いい出来です。何よりネットワークアプライアンスっぽくていいです。今度LCDproc用のLCD買ってこようかな…


さて、邪魔なものを省き単純な図にするとこうです。





RADIUS oneが似てないのは気にしないとして、上のやつが今回RADIUSサーバになる1.2.3で下のCaptivePortalをする方が2.0Betaです。2.0の方から見ると青線がWAN側で緑線側がLANです。


RADIUSサーバのセットアップ


PackageからFreeRADIUSを追加したら、Services→FreeRADIUSでユーザーを追加します。必要なのはUsername、Password、Number of Multiple connectionです。IPの割り当てなどはVPNの認証をRADIUSサーバにした際に必要になるようで、CaptivePortalに関して言えばIPは関係ありません。これに関しては特に難しいことはないと思います。



次に、Clientsのタブを設定をします。これをしないと認証できません

Clientには繋ぎに来るクライアントのIP、この場合には10.0.0.2を入れます。
Shared Secretには認証パスワード、Shortnameにはログを見た際にわかりやすい名前を適当に入れます。
ここではSharedkeyをsecretとします。




その他セッティングに関してはデフォルトのままでいいと思いますが、トラブルシューティングのためにLogは有効にしておいた方がいいかもしれません。

ログを見るにはSSHなりシリアルコンソールなりAnytermなりで
cat /var/log/radius.log
すれば見れます。


Captive portalのセットアップ



まずはCaptivePortalが使える状態にします。
pfSenseでCaptive Portalを始めるにはここを参照するのが手っ取り早いと思います。
注意する点として、最初は認証ページを持っていないので例に沿ったHTMLページを作って下の方にあるPortal page contentsという項目にアップロードする必要があります。

<html>
<body>
<form method="post" action="$PORTAL_ACTION$">
ログイン名:<input name="auth_user" type="text"><br>
パスワード:<input name="auth_pass" type="password"><br>
<input name="redirurl" type="hidden" value="$PORTAL_REDIRURL$">
<input name="accept" type="submit" value="Continue">
</form>
</body>
</html>


そして敢えてここでRADIUS認証をしてみます。需要があるのかどうか知りませんがw

変わる手順としてはAuthの所をRADIUSにするだけです。




あとは、SharedkeyにFreeRADIUSのClientsで設定したパス(ここではsecret)を入れておきます。

そうしたらあとはCaptivePortalが有効になっているインターフェースに繋げば、ブラウザでどのページを開いても認証ページへ強制リダイレクトされるので「FreeRADIUSのユーザーとパスワード」を入れれば通信が開始されると思います。

ね?簡単でしょ?

しかし本当に遊べますねpfSenseは…。

[ 4 コメント ] ( 1541 回表示 )   |  このエントリーのURL  |  $star_image$star_image$star_image$star_image$star_image ( 2.9 / 867 )  |  

<<最初へ <戻る | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 進む> 最後へ>>