Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

一部のハードウェアで相性が出るもののSAS/SATA 6Gbpsカードの中では速いカードであるSmartArray P420を運用していくためのTipsです。このページを2018年12月に書き始めるという、何周遅れで生きているのかわからない感じはありますが、MegaCLIと並んで操作しようとするたびに検索するコマンドのうちの一つなので、いい加減メモが欲しくなったので書きます。

設定手順

hpssaを入れる

HPE Smart Storage Administrator (HPE SSA) CLI for Linux を入れます。debian9で使っているので、例によってrpmをバラします。

root@debian:~# mkdir hpssa
root@debian:~# cd hpssa/
root@debian:~/hpssa# wget https://downloads.hpe.com/pub/softlib2/software1/pubsw-linux/p1857046646/v123474/ssacli-2.60-19.0.x86_64.rpm
root@debian:~/hpssa# rpm2cpio ssacli-2.60-19.0.x86_64.rpm |cpio -idvm
./opt/smartstorageadmin/ssacli
./opt/smartstorageadmin/ssacli/bin
./opt/smartstorageadmin/ssacli/bin/mklocks.sh
./opt/smartstorageadmin/ssacli/bin/rmstr
./opt/smartstorageadmin/ssacli/bin/ssacli
./opt/smartstorageadmin/ssacli/bin/ssacli-2.60-19.0.x86_64.txt
./opt/smartstorageadmin/ssacli/bin/ssacli.license
./opt/smartstorageadmin/ssacli/bin/ssascripting
./usr/man/man8/ssacli.8.gz
./usr/sbin/ssacli
./usr/sbin/ssascripting
73950 blocks
root@debian:~/hpssa# mv ./opt /
root@debian:~/hpssa# cd  /opt/usr/sbin
root@debian:/opt/usr/sbin# ./ssacli
Smart Storage Administrator CLI 2.60.19.0
Detecting Controllers...Done.
Type "help" for a list of supported commands.
Type "exit" to close the console.

=>

=>が出てきたらOKです

認識されているスロットを確認する

どのスロットで認識されているか確認します

=> controller all show

Smart Array P420 in Slot 2                (sn: XXXXXXXXXXXXXX)

今回はSlot2で認識されています。

認識されているディスクの番号を確認する

アレイ作成時に必要なのでディスク番号を確認します

=> controller slot=2 pd all show

Smart Array P420 in Slot 2

   Unassigned

      physicaldrive 2I:0:2 (port 2I:box 0:bay 2, SATA SSD, 8 GB, OK)
      physicaldrive 2I:0:3 (port 2I:box 0:bay 3, SATA SSD, 8 GB, OK)

8GBというのはシンクライアントに使われていたであろうSSDをテストに使っているので変な値ですが、実際にこのサイズです。

アレイを作成する

RAID1アレイを作成する場合の手順です。過去に使っていたSSDを構成ドライブとして選択した場合、TRIM/UNMAPを発行してゼロにしてから論理ドライブの作成に取り掛かるようですが、SmartArrayから実行すると非常に時間がかかるようです。先に未構成ドライブとしてhdparmなどで初期化してからアレイに加えたほうが良いようです。nを選択するとドライブの使用状態はそのままで論理ディスクを作成するようです。

https://support.hpe.com/hpsc/doc/public/display?docId=emr_na-a00057926en_us&docLocale=en_US

=> ctrl slot=2 create type=ld drives=2I:0:2,2I:0:3  raid=1

Warning: SSD Over Provisioning Optimization will be performed on the physical
         drives in this array. This process may take a long time and cause this
         application to appear unresponsive. Continue? (y/n)n

終わると/var/log/syslogに以下のように出ます

Dec 26 21:30:58 debian kernel: [ 1708.046574] sd 2:1:0:0: [sdb] Write cache: disabled, read cache: disabled, doesn't support DPO or FUA
Dec 26 21:30:58 debian kernel: [ 1708.047531]  sdb: sdb1
Dec 26 21:30:58 debian kernel: [ 1708.048417] sd 2:1:0:0: [sdb] Attached SCSI disk
Dec 26 21:30:58 debian kernel: [ 1708.353700]  sdb: sdb1
Dec 26 21:30:58 debian kernel: [ 1708.378117]  sdb: sdb1
Dec 26 21:31:13 debian kernel: [ 1723.377039] hpsa 0000:05:00.0: Acknowledging event: 0xc0000020 (HP SSD Smart Path configuration change)
Dec 26 21:31:13 debian kernel: [ 1723.411289] hpsa 0000:05:00.0: scsi 2:1:0:0: updated Direct-Access     HP       LOGICAL VOLUME   RAID-1(+0) SSDSmartPathCap+ En+ Exp=1

ディスクになにか起きたと想定してSSDを引っこ抜く

冗長化されたディスクのうちの一つを引っこ抜くと以下のようにログに出ます。

Dec 26 21:33:46 debian kernel: [ 1876.969651] hpsa 0000:05:00.0: Acknowledging event: 0x40000032 (HP SSD Smart Path state change)
Dec 26 21:33:47 debian kernel: [ 1877.003614] hpsa 0000:05:00.0: scsi 2:0:2:0: removed Direct-Access     ATA      KINGSTON SS100S2 PHYS DRV SSDSmartPathCap- En- Exp=0Dec 26 22:17:18 debian kernel: [ 4488.075534] hpsa 0000:05:00.0: scsi 2:0:2:0: masked Direct-Access     ATA      KINGSTON SS100S2 PHYS DRV SSDSmartPathCap- En- Exp=0

ログ監視する場合はhpsaあたりの文字で拾っとくと良さそうでしょうか。

その際にhpssaからは以下のように見えます

=> controller slot=2 pd all show

Smart Array P420 in Slot 2

   Array A

      physicaldrive 2I:0:2 (port 2I:box 0:bay 2, SATA SSD, 8 GB, OK)
      physicaldrive 2I:0:3 (port 2I:box 0:bay 3, SATA SSD, 8 GB, Failed)

=> controller slot=2 ld all show

Smart Array P420 in Slot 2

   Array A

      logicaldrive 1 (7.4 GB, RAID 1, Interim Recovery Mode)


復旧させる

違うディスクを挿入し、デグレードをオンラインに戻してみます。と思ったのですが違うディスクに交換したら特にコマンドを発行しなくても勝手に復旧してしまいました。

=> controller slot=2 pd all show

Smart Array P420 in Slot 2

   Array A

      physicaldrive 2I:0:2 (port 2I:box 0:bay 2, SATA SSD, 8 GB, OK)
      physicaldrive 2I:0:3 (port 2I:box 0:bay 3, SATA SSD, 8 GB, Rebuilding)

=> controller slot=2 ld all show

Smart Array P420 in Slot 2

   Array A

      logicaldrive 1 (7.4 GB, RAID 1, Interim Recovery Mode)


=> controller slot=2 ld all show detail

Smart Array P420 in Slot 2

   Array A

      Logical Drive: 1
         Size: 7.4 GB
         Fault Tolerance: 1
         Heads: 255
         Sectors Per Track: 32
         Cylinders: 1909
         Strip Size: 256 KB
         Full Stripe Size: 256 KB
         Status: Recovering, 54% complete
         Caching:  Disabled
         Unique Identifier: 600508B1001C4540DC820079C1968CAF
         Disk Name: /dev/sdb
         Mount Points: /mnt 7.4 GB Partition Number 0
         Logical Drive Label: 02F557B8PDSXK0ARH4Y07G4A96
         Mirror Group 1:
            physicaldrive 2I:0:2 (port 2I:box 0:bay 2, SATA SSD, 8 GB, OK)
         Mirror Group 2:
            physicaldrive 2I:0:3 (port 2I:box 0:bay 3, SATA SSD, 8 GB, Rebuilding)
         Drive Type: Data
         LD Acceleration Method: SSD Smart Path

=>

それ以外にも SSD Smart Pathの無効化/有効化、キャッシュの有効化/無効化でパフォーマンスの挙動が変わったりしますが、それらの詳細については以下のマニュアルを参照してください

HPE Smart Storage Administrator User Guide - HPE Support Center

その他

他のマシンから持ってきたディスクを違うSmartArrayにマイグレーションした場合、その場で物理ディスクは認識されますが、再起動してファームウェアの初期化をしないと理論ディスクを認識できません。MegaRAIDにおけるCfgFreginのようなコマンドは存在しません。


挙動の変化についてはこちら参照 HPE Smart Array P420性能評価

ssacliについては、対話シェルに落ちなくても

/opt/smartstorageadmin/ssacli/bin/ssacli controller slot=2 pd all show

などで結果を得ることが可能。対話シェルに落ちるとある程度Tabで補完してくれるので、連続して作業する場合は楽。うまく使い分けていきたい

Write a comment…