【HW】CS700という小型マシンを拾ってきた 
 例によって仕事が終わったあとにアキバでゴミあさりをしてきたのですが、また変なものを拾ってきました。



 CPUもメモリもなく、ネジ止めもされていないこの状態で1000円でした。この時には特に何も考えずにSocketMでDDR2なマシンだと思ったのでまあ1000円だったら駄目でもいいかなあと思い買いました。
もっと読む...

[ 1 コメント ] ( 1507 回表示 )   |  このエントリーのURL  |  $star_image$star_image$star_image$star_image$star_image ( 3 / 437 )  |  
【HW】いろんなマシンでPhoronixTestSuite回してみた 
 某所で使った資料の残りをうpしておきます。詳しい環境などはベンチマークの結果を見てください。

実行方法は.deb版だとインストールの時に結構依存が起きるのでPhoronix-test-suite 3.8のソースコードを持ってきて、./phoronix- test-suite benchmark multicore を実行しました。libboost等の足りないものapt-getして追加しました。
ちなみに、実行すると完走するまで1時間2時間かかります。

http://openbenchmarking.org/result/1204 ... 5649ES2W51

メモリ周りの動き

http://openbenchmarking.org/result/1204 ... 56492WAY59

 やはり、1366のトリプルチャンネルは1155のデュアルチャンネルに比べて速いので、その辺の差が複数のプログラムが同時進行するパラレルコンパイル等の時にでてきている気がします。しかし、1コアあたりの処理能力はプロセスルールの差がある2500の方が920等と比べて勝ります。

 1366はCPUが熱くなければいいプラットホームだと思ったのですが、もうディスコンされ始めて来ているので悲しいところです。2011に移行しろと言うことなのかもしれませんが。

 誰か2011のテストしてくださいw

[ コメントを書く ] ( 492 回表示 )   |  このエントリーのURL  |  $star_image$star_image$star_image$star_image$star_image ( 3 / 488 )  |  
【Network】AS見習い 
 前回のアレから1週間ですが、ちまちまとOSPFv3/BGP4+で遊び始めました。




 やればやるほど、これは自宅でやるものではないと実感しますw

 本来ならVyattaを仮想の中で作っていじるのが一番スマートなのかもしれないですが、やはりルーターとかスイッチがちかちかしているとかっこいいので実機でやることにしました。これほどの台数になると電源ケーブルとRJ45ケーブルの取り回しというL0な部分が一番大変になってきますw
 とりあえず、IHAnetに早く接続しないとなあと思います。

[ 2 コメント ] ( 661 回表示 )   |  このエントリーのURL  |  $star_image$star_image$star_image$star_image$star_image ( 2.9 / 462 )  |  
自宅ラック勉強会3@中原拠点に参加してきました。 
 変態^H^H凄い人たちの集まりな自宅ラック勉強会ですが、今回も参加してきました。参加した拠点は中原拠点です。


もっと読む...

[ コメントを書く ] ( 2668 回表示 )   |  このエントリーのURL  |  $star_image$star_image$star_image$star_image$star_image ( 3 / 455 )  |  
【その他】Model M keyboard 
 仕事帰りにいつも通り秋葉原のジャンク街を徘徊していたところ、タイプ感が独特なキーボードが300円で売っていたので特に何も考えずに買ってみました。異常に重かったですが…




 そして帰ってきて調べてみると、IBMのModelMというかなり歴史のあるキーボードでした。識者によるかなり詳しいサイトがあります。
http://www2.gol.com/users/matty/Atreview/ModelM.html
PS/2のケーブルが外れるキーボードは初めて見ました…。


 拾ったときにはCtrlキーとPrsc・Pauseキーが置き換えられているのだと思ったのですが、どうやらこれはキートップの上にキャップをかぶせるタイプのもののようで、それが外れてどっか行ってしまっているようです。
 Crtlキーがないのは若干使いづらいかと思いましたが、そもそもOS側でCapsLockをCtrlにリマップしてHHKライクにしているのであまり影響はありませんでした。




 そして、製造年月が1989年と、自分が生まれた年と同じ年に作られていました。どっからでてきたんだろうか…




 キーの押し心地は、Realforceに比べるとだいぶ重いのですが、カチカチという、押したときに帰ってくるクリック感によって「確かにキーボードを押している」という気分になります。また、キーボードそのものが非常に重いので、速打してもキーボードが全くぶれません。

 個人的に、日本語入力の切り替えをCtrl+無変換キーで行っているので、変換/無変換のキーがないのがちょっと惜しいですが、キーボードの質としてはかなりいいと思います。はやり、昔のものは「中身が詰まっている」ものが多いですね。
 日進月歩なデジタルなコンピューターの世界でも、やはりアナログな点ではあまり昔と変わらない…というよりは最近の安いキーボードよりもよほど20年前のキーボードの方が質がいいというのもなんだかなあ、と思います。

 と言う文章をModelMキーボードを使うために書いてみました。終わり。

[ コメントを書く ] ( 2213 回表示 )   |  このエントリーのURL  |  $star_image$star_image$star_image$star_image$star_image ( 3 / 493 )  |  

<<最初へ <戻る | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 進む> 最後へ>>