メンテ完了 
何をメンテしたかというと、定期埃吹きとCPUクーラーを転換しました。

何故クーラーを換えたかって?




ふぁっくなことに、こいつだと2.6GHzで高負荷状態が続いたときに廃熱しきれなくなって落ちるんだよ!!!!!

確かに静かなんだけど、結論としてはアート性を追求したオブジェクトですね。まぁ・amp;#124;術点もそこまで高くないですが。


いまMLにはグラボをつけていないのでこの際x16が潰れてもかまわないということでAndyをつけました。





Andyも普通にはMLにつかないので、つけるにはそれなりの苦労が必要です。
今のところPrime95も問題なく動いているので安定だと思います。

[ コメントを書く ] ( 668 回表示 )   |  このエントリーのURL  |  $star_image$star_image$star_image$star_image$star_image ( 2.8 / 655 )  |  
俺…帰ったら… 
鯖のメンテするんだ…

というわけで6時半位からしばらく鯖繋がらなくなります。特に機能が追加されるわけではなくHWメンテです

[ 1 コメント ] ( 570 回表示 )   |  このエントリーのURL  |  $star_image$star_image$star_image$star_image$star_image ( 2.8 / 647 )  |  
近況&Promise S150 SX4について 
ずいぶん間が空いてしまいましたが僕は元気です。
この空いてしまった間に実は色々なことがあったのだけど、これを詳しく書こうとすると一万文字は軽く超えてしまいそうなので割愛…。

大まかな流れだけ言うと

1.5Tのハードドライブ3台IYH!!!

でもファイルサーバのSATA IFに空きがねえ!

じゃあICFX-3200使ってバックアップ鯖作るぜ!

超色々ある

この際Win鯖2008使ってみるか

ICFX-3200のPromise TX4300 RAIDチップ用のWebPAMがバグい

Win鯖2003使ってみるか

ようやく動いた!

稼働直前でまさかのママン死亡

換えを探す

二代目のBIOSTAR Tpower i45

E5200を4GHz、Mem 1100MHzにしてPrime95を一夜ブン回しても問題ないくらいすごく素直な子だった

ICH10Rを使ってRAIDで落ち着く


という感じでしょうか。まさか板が死ぬとは思わなかっただ

そしてこの間またキモいボードが手に入ってしまいました。




NECのN8103-78というSATAのRAIDカードで、中身はPromise FasttalkS150 SX-4Mと言うボードでした。なげえw

DFIについてきた同社のTX4300では、IHC10と同じくらいの性能が出ていてなおかつRAIDの設定が柔軟にできたり(たとえば120GBと250GBのHDDでRAID1をした場合、120GB+250GBのうち120GBはミラーリングに、残り130GBはJBOD、つまり普通のドライブとして使える、など)と、面白いチップだったので、果たしてこれも同じように使えるのかちょっと興味がわいたのでIYH。ちなみに1500円なり

しかしこいつが中々のくせ者でした。


まず試しに試験台になってるもう一台のTpower i45に装着してUbuntu 9.02を起動してみる。すると、こいつそのものが持っているECCメモリを読みに行ってしまうようで起動の段階で進まないです。1時間くらい待っても進まなかったから多分駄目なのだろうと判断し、WinXPに切り替えて起動。XPではこの問題は起きませんでした。

一応Promise社ではこのカードはUNIX/Linuxの対応と謳ってるんだけどなぁ…。どうにかできるのかもしれないけど気合いが足りないNoobなのであきらめます


そして、ドライバとPAM(Promise Array Managerというプログラム)をインスコしてハードを繋いでみる。するとカードの方でドライブが追加された事を認識するので、新しくアレイを作ります。
作れるアレイはRAID 0,1,5,JBODの4つです。まずそれぞれを独立した1つのドライブとして扱うJBODを試してみました

以下ベンチ的な話

早速別ドライブからISOイメージをコピーをしてたところ…遅い。異常に遅い。

試しにParkdaleというHDDにファイルを書き込んで速度を測るソフトを試してみたところ、Write30MB/Read 20MBというネットワークドライブよりも遅いという結果に。

SSは取り損ねました…

何故かと原因を探してみると、どうやらデフォルトではHDDへ書き込む際にキャッシュしないようなので、これを有効にしてみました。

ちなみに、NECの取説では「データ保護のためバッテリ装着時以外には選択禁止」とありました。確かに、キャッシュが有効でバッテリがついていない状態でマシンが落ちた場合、キャッシュ上の書き込まれるべきデータが書き込まれる前に消滅する可能性があるので危険と言えば危険ですが、いくら何でもこの速度は使い物にならないので有効化しました。

すると、書き込み速度は50~60MB/secまで上昇。しかし読みの速度は全く変化なしでした。


…ここまで来てCrystalDiskMarkを使えばいいんじゃないかと言うことに気がついたので以下からCrystalDiskMarkのベンチになります。






どうがんばっても読みの速度が出ない。ならばと試しに2つのドライブでRAID0を組んでみたところ、異常なことが。



いきなり100MBwwww5倍の速度ww
どうやらこのカードでは、HDDは2台以上で使ってくれという事みたいです。
試しにその辺に転がってたHDDでごった煮RAIDをしてみました。



その結果



読みの速度は変わらないものの、ランダムのWriteはHDDの台数に応じて倍になっている模様。

しかしRAID0なんて台数に応じて故障率が増す(1つのドライブでも死んだら全て乙る)ので、ゲームインスコドライブ向け以外に怖くて使えないです。

ならばRAID5ではどうだろうかと思いテストしてみました。


ここで使ったハードドライブは122+160+320GBなので、どうやら全てのドライブを122GBとして122+122+パリティー122GBとなったようです。つまり、最も大きい320GBハードのうち残りの約200GBが不可視領域へ消えました。TX4300ではこの部分が有効活用できたのですが。。

世代としてはTX4300の方が後なのでこれは改善されていると言うべきでしょうか。というかS150 SX-4MってSATAIIですらないSATAIのカードですし。

そしてベンチ。



RAID5でこの速度なら、まぁ使って使えないことはないといえると思います。
というか台数に左右されないシーケンシャルの書き込み速度が謎いです。


そしてまとめの結論
JBODは使えないので、このカードを使うには最低2つのドライブが必要
更に言うとRAID5使うために3台は必要


おまけ 同じドライブでICH10 VS S150 JBOD






シーケンシャルの読みさえまともなら…!


更におまけ
実験中





これはひどい

[ 2 コメント ] ( 1165 回表示 )   |  このエントリーのURL  |  $star_image$star_image$star_image$star_image$star_image ( 2.8 / 617 )  |  
誰も得しない 
VLC Media Playerに誰得な機能がついていました。なぜか動画をASCIIで出力できるという。
Get the Flash Player to see this player.



2メーター離れれば見えてくる!

中身は80*24ピクセル*256色の動画と同じですが

ちなみに、設定→ビデオ→出力 で「色つきASCII」を選ぶとこうなります。まぁ、暇で暇で死にそうなときにでも試してみてくださいな。




うん、それだけなんだ。

[ 2 コメント ] ( 590 回表示 )   |  このエントリーのURL  |  $star_image$star_image$star_image$star_image$star_image ( 2.8 / 663 )  |  
蟹チーミング 
今自分が使っているこのマザーボード、Realtekの8111Bチップを2つもっているのですが、これを買った当初はネットワークの知識がなかったので「まぁ予備についているんだろう」くらいに思っていました。
しかし、最近になって「何でこれIFが2つついてるのに回線の冗長化できないの?」と思うようになり、気になってGigabyteのWEBページを見てみたところ、

# Integrated Dual LAN with Teaming function
と書いてあるじゃないですか。これを見て俺歓喜! ちなみに、言語が日本語だと
# Gigabit Ethernet LAN 搭載
と、ちーみんぐについては全く言及がないです。しね!!!!!

そして次の試練。Realtekのチーミングドライバなんて聞いたことないですが、本当に存在するでしょうか。

グーグル先生に聞いてみたところ、Realtek Windows Diagnostic Program と言うものを使うとチームを作成できるようです。
早速RealtekのSoftwareページを見てみるも、何故か8111B向けのものは存在するようだけど供給されておらず。8110SC向けのプログラムは供給されていたので無理矢理インスコしてみるも、動かずでした。当たり前ですよね^^;

そしてさらに調べると、どうやらM/B付属のドライバCDのみからのインスコになるらしいです。

しかし重大問題が。M/B付属のドライバCDが見つからないのです。何故かM/Bのでかい箱の中に入っていませんでした。
ただ、使ったのは確実なので「部屋のどこかにある」という状況になりました。

部屋のどこかと言っても、この部屋のカオスさは半端ないので大捜索タイム。1時間くらい探した後、ようやく電源の入ってた箱の中から出てきました。意味不明すぎてしまった時の自分を殴り飛ばしたいです。

この際、ATIのドライバCDが4枚とnVidiaのドライバCDが2枚出てきたのはまた別の話。

このメインマシンには光学ドライブがついていないのでサブマシンのドライブにCDを入れ共有してCDをみてみると、確かにチーミングドライバは存在しました。わかんねえよこんなの…




ドライバをインスコして再起動をすると、無事にチーミングができるようになりました。

が、やはりハブが・amp;#124;ートトランクに対応していないので結局は意味がないです。
やっぱりHPのハブ買うしかないですよね…。


[ 1 コメント ] ( 545 回表示 )   |  このエントリーのURL  |  $star_image$star_image$star_image$star_image$star_image ( 2.8 / 676 )  |  

<<最初へ <戻る | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 進む> 最後へ>>